デビッド・ドゥカブニー セックス依存症を克服・芸能探偵・芸能最新情報ランキングとうわさ。アイドル、女優等芸能人の熱愛、破局、スキャンダルな最新情報やうわさを芸能探偵がお知らせします。芸能探偵の最新情報で芸能ランキングがまるわかり。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビッド・ドゥカブニー セックス依存症を克服


デビッド・ドゥカブニーがセックス依存症を克服したようです。
芸能探偵もデビッド・ドゥカブニーのセックス依存症を心配していましたが、治療施設を無事出所したようです。
日本ではセックス依存症ってあなり馴染みがないけど、アメリカではわりとよく知られている一種の病気です。
山本モナもセックス依存症かもしれない。
自分は大丈夫と思ってる人に限って、依存症になるから気をつけたほうがいい。
芸能探偵も気をつけよう。

セックス依存症の治療のため自発的にリハビリ施設に入所していた、人気シリーズ「X-ファイル」のFBI捜査官フォックス・モルダー役で知られる俳優デビッド・ドゥカブニー(48)が、2カ月ぶりに出所したことが分かった。

「X-ファイル/真実を求めて」フォトギャラリー

 10月6日、ドゥカブニーの弁護士スタントン・“ラリー”・スタインは「デビッドは無事に治療を終えました。間もなく新しい映画の撮影に入ります」と発表した。

 ドゥカブニーは、妻で女優のティア・レオーニと97年に結婚し、9歳の娘と6歳の息子がいる。セックス依存症を公表しリハビリ施設入りして以来、レオーニは9月全米公開の新作「ゴースト・タウン(Ghost Town)」のプロモーションをキャンセルするなど、公の場から退いていたが、10月5日、ニューヨークで夫妻が腕を組みながら仲良く歩く姿が目撃されていた。

 皮肉なことに、ドゥカブニーは現在、米ケーブルチャンネルShowtimeのドラマ「カリフォルニケーション(Californication)」にセックス&ドラッグ中毒の小説家役で出演中。「X-ファイル」の映画版第2弾「X-ファイル/真実を求めて」は11月7日日本公開。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081008-00000002-eiga-movi
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。