真行寺君枝 波瀾万丈の半生「めざめ」で離婚と破産の真実を明かす・芸能探偵・芸能最新情報ランキングとうわさ。アイドル、女優等芸能人の熱愛、破局、スキャンダルな最新情報やうわさを芸能探偵がお知らせします。芸能探偵の最新情報で芸能ランキングがまるわかり。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真行寺君枝 波瀾万丈の半生「めざめ」で離婚と破産の真実を明かす


真行寺君枝が離婚し、さらに破産していました!
芸能探偵も真行寺君枝の離婚と破産のうわさは聞いてませんでした。

そして、波瀾万丈の半生を「めざめ」で明らかにするようです。
これが売れれば、真行寺君枝の再起になるかも?
それとも、またヘアヌードか?

芸能探偵も応援します。

女優の真行寺君枝(49)が離婚、さらには破産していたことが10日、分かった。

 真行寺は昭和58年10月に、ザ・テンプターズのドラマーで、デザイナーの大口広司氏(57)と結婚した。知人の紹介で知り合い、交際開始から約半年でのスピード婚。当時人気絶頂だったこともあり、大きな反響を呼んだ。

 翌59年9月には大口氏が大麻所持容疑で逮捕、起訴される事件に見舞われたが、弁護側証人として出廷。「妻としての心配りが足りませんでした。離婚はいたしません」と証言するなど、気丈に振る舞った。61年には長男が誕生した。

 さらに平成3年には、大口氏が経営していた服飾会社が倒産。結婚後セーブしていた女優業を本格再開し、9年には大口氏の撮影によるヘアヌード写真集も出版し、家庭を支え続けた。

 しかし、経済的な理由から13年5月に別居し、17年に離婚。22年に及ぶ結婚生活にピリオドを打った。18年には大口氏の事業失敗のあおりを受け、真行寺も破産宣告を受けたという。

 真行寺のマネジメント担当者によると、16日に、波瀾万丈の半生をつづった著書「めざめ」(春秋社)を出版。18日には都内で行われるイベントにゲスト出演し、長男でミュージシャンの弦人(21)のギターに合わせ、再起への意欲を込めた舞踏を披露するという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081011-00000036-sanspo-ent
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。