芸能探偵・芸能最新情報ランキングとうわさ。アイドル、女優等芸能人の熱愛、破局、スキャンダルな最新情報やうわさを芸能探偵がお知らせします。芸能探偵の最新情報で芸能ランキングがまるわかり。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加護亜依 ストレスでメニエール病と診断


加護亜依がストレスが原因のメニエール病と診断されたようです。
芸能界に復帰したはいいけど、なかなかうまくいかないストレスが、メニエール病を発症させたと、芸能探偵はみています。

しかしこのメニエール病、厚生労働省の特定疾患に指定されている難病なのです。
原因は、やっぱり強いストレスです。
鳥越俊太郎、久保田利伸、ハイヒールのモモコも患っているんです。

まずは人間関係のストレス解消です。

芸能探偵も実践している、対人関係を最高に良くするノウハウです。
たった90日であなたを好かれる人に変身させ、人間関係の悩みを完全に消滅させるプログラム

まったくのノーリスクで取り組むことができます。


タレントの加護亜依が、15日(土)付の自身のブログで、難病であるメニエール病であることを明かした。

加護亜依のプロフ

 加護は「朝から具合が悪く病院に行きました。診ていただくとメニエール病という病気みたいです」と医師からメニエール病と診断されたことを綴っている。メニエール病とは、めまいと共に、耳の聞こえにくい状態と耳鳴りが重なる症状で、厚生労働省の特定疾患に指定されている難病。

 強いストレスの中で生活をしている人がかかりやすく、これまでにもジャーナリストの鳥越俊太郎、歌手の久保田利伸、お笑いコンビ・ハイヒールのモモコらが患っていることを公表している。

 4月に芸能活動に復帰し、香港での映画撮影やバラエティ番組の出演などをこなしながらも、常に喫煙問題について、その発言が注目されてきた加護。加護は「危険な病気ではないのでご心配なく」とブログで綴っているが、世直しDVD『加護ちゃんねる。Vol.1』の発売や会費3万円というクリスマスイベント『SPECIAL LIVE PARTY/X'mas 感謝祭2008』も控えており、1日も早い回復が望まれる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081116-00000000-oric-ent
スポンサーサイト

田原俊彦 ハゲ克服でディスコブームを復活させるか?


田原俊彦がディスコブーム復活を願ってます。
ハゲも克服しましたしね^^
芸能探偵もディスコ世代ですから、基本的にはディスコブーム復活は大賛成です。
楽しかったなぁ・・・・マハラジャ、キングアンドクイーン・・・・。
ユーロビートもナンパも大好きです。

田原俊彦も落ちるところまで落ちましたから、ディスコブームを復活させるくらいの勢いが欲しいです。
田原俊彦のダンスはやっぱり上手い。

田原俊彦の薄毛は落ちる前から結構キテましたが、
毛髪診断士の小林弘子の奇跡のフサフサ発毛術!!で見事に発毛しました。
1日2分でハゲが克服できます。

毛髪診断士の小林弘子の奇跡のフサフサ発毛術!!

ところで、ディスコといえば当時はナンパでしたが、今の史上最強のナンパスポットを知っていますか?
芸能探偵も、この史上最強のナンパスポットを知ってからは、連戦連勝です。
ナンパ成功率が88%です。
40過ぎたおっさんの芸能探偵でさえ、ナンパ成功率が88%なんです。

【リニューアル版 5大特典付!】 「史上最強のナンパスポット解説本」~国内最強のナンパ成功率を誇る場所と言えるのは?~


さえない40代の男3人がダンスで輝きを取り戻す大人の青春ドラマ『DISCO ディスコ』の試写会が6日(木)、東京・築地の浜離宮朝日ホールで行われ、“応援団長”に就任した田原俊彦が参加した。

田原俊彦、その他の写真はこちら

 「ブギー・ワンダーランド」のアップテンポな楽曲に乗って田原が登場すると、場内は大喜び。今でも毎日ダンスのレッスンを続けているそうで、47歳とは思えない華麗なステップを披露。「全然期待していなかったけれど、本当に良い映画。XANADU(キサナドゥ)復活! みたいな感じですよ」と70年代に人気を博した伝説のディスコに絡めてノリノリで挨拶した。

 その後は上映前にもかかわらず、冒頭で流れる楽曲から結末に至るまで“舌好調”にストーリーを暴露し続け、詰めかけたファンから大ブーイング。この反応に焦ったのか、「おしゃべりが過ぎちゃいましたけれど、とにかく熱い内容です。何度でも見たくなりますから、結末を聞かされても気にしないで!」と必死に言い訳を繰り返した。

 また、15歳で初めてディスコへ行ったときのことを振り返り、「当時はディスコへ行くためだけに新聞配達のアルバイトをしていた。あの刺激がたまらなくて、ジャニーズのレッスンも半年ほどさぼったっけ……」と告白。そして、「当時の黒服友達も40~50代になっちゃった。年を取った僕らが熱く踊れる遊び場を、もう1度つくってもらいたいね」とディスコブーム復活を訴えた。

 アートポート配給で、15日(土)から東京・日比谷シャンテ・シネほかで全国公開。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081106-00000011-vari-ent

藤原竜也がパチンコにハマっている?


藤原竜也がパチンコで二勝三敗だそうです。
「カイジ」主演のためとはいえ、パチンコでギャンブルの雰囲気をつかもうとするところが、藤原竜也の役者魂を感じます。
芸能探偵も藤原竜也主演の「カイジ」は楽しみです。

ところでみなさんはパチンコやパチスロの調子はどうですか?
芸能探偵は忙しくてなかなかできませんが、連戦連勝です。
片手間ですが、毎月40万以上は余裕で勝ちます。
パチスロですけどね。
芸能探偵もイチ押しのパチスロ攻略法に興味がありますか?

業界初!勝てなければ返金します!大学生スロプロが暴露します。月収60万円をザクザク稼ぐパチスロマニュアル2

パチスロで勝つのは、とっても簡単ですよ^^

[eiga.com 映画ニュース] 06年に「デスノート」を大ヒットさせた藤原竜也が、再び人気コミックの映画化に挑む。96年から「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載され、コミックが累計1100万部を売り上げた福本伸行の大人気コミックを映画化する「カイジ」で、自堕落な日々を送るフリーターの主人公カイジに扮する。

・ 藤原竜也が壮絶な撮影現場を振り返る!「カメレオン」初日

 コンビニのバイトをいい加減にこなしながら、その日暮らしを続けていた26歳のフリーター、伊藤カイジは、友人の借金の保証人になったために多額の負債を抱えてしまう。借金返済のため、人間の心理を巧みに利用した「限定ジャンケン」などの奇想天外なギャンブルに挑むことになったカイジは、自らの力で逆転人生をつかみとろうとする。

 「デスノート」では孤高の天才を演じてみせた藤原だが、今回は「年が近く、等身大の役だと思っています。時には小学生のように喜怒哀楽が激しく、ストーリーが進むにつれて成長していくキャラクターなので、難しい役ですが、のびのびと演じさせてもらっています」と演じるカイジについてコメント。ギャンブルそのものは韓国やヨーロッパのカジノで少し遊んだことがある程度という藤原は、役作りのためにパチンコ屋に通い、「初めの3日間は負けていたのが、4日目、5日目に勝つことが出来て、6日目にまた負けてしまいました(笑)」と、身をもってギャンブルの空気を学んだようだ。

 監督は、「ごくせん」「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」などTVドラマのディレクターとしてヒット作を連発してきた佐藤東弥が初の映画監督に挑む。脚本は「デトロイト・メタル・シティ」「ヘブンズ・ドア」の大森美香。すでに10月16日にクランクインし、09年春完成予定、09年全国ロードショー。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081105-00000002-eiga-movi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。