萩原流行・芸能探偵・芸能最新情報ランキングとうわさ。アイドル、女優等芸能人の熱愛、破局、スキャンダルな最新情報やうわさを芸能探偵がお知らせします。芸能探偵の最新情報で芸能ランキングがまるわかり。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萩原流行夫妻が、うつ病を告白


萩原流行夫妻が、うつ病であることを告白しました。
さすが俳優ですね。
芸能探偵には、今までうつ病のカケラも見えませんでした。
しかも、萩原流行本人だけでなく、奥さんの摩侑美さんもうつ病とは、かなり今まで苦労してこられたのでは・・・?

芸能人では、大場久美子もうつ病を告白しましたね。

うつ病の克服は非常にやっかいですが、医者にかかっても治る保証はありません。
どうせなら、自力で治すうつ病治療がおすすめです。

3ヶ月でうつ病を治した方法が知りたい方はこちら。


うつ病は絶対に克服できるのです。

俳優萩原流行(55)が15日、17年間うつ病とつきあっていることを明かした。この日、都内で家庭で革製品を水洗いできる洗剤「萩原流行のレザーシャンプー」の商品発表会の席上で語った。
 患ったきっかけは38歳の時、主演舞台で公演直前まで台本の一部が完成しなかった上に、幕が開いた直後に16分歌うシーンがあり、極度のプレッシャーを背負ったことだった。「初日に40度の熱が出て、舌をかんで死にたかったぐらい。それでも違うテンションまで行ってできちゃったんですね。そこから幻聴や幻覚を見たりするようになって」と振り返った。
 現在も安定剤と睡眠薬を飲みながら生活しているが「ポジティブに考えていれば大丈夫。自殺もしないし、何もない」と茶の間で見せる明るいテンションは変わらなかった。
 ただ、うつ状態になると体を動かしたくなくなるそうで、ベスト体重の63キロから73キロまで太ってしまった。食事療法でダイエットしたが、最近では1リットルの脂肪吸引も行い、現在は70キロを切ったという。妻の摩侑美さんも30代からうつ病で「どちらかが『落ちそう』になったら『天気いいしお茶でも飲もうか』と支える感じ。夫婦愛です。自分が苦しい分、相手も苦しいと分かるようになった。人に優しくなれた」と前向きにとらえている。医師からは「この商売をやっている限り治らない」と言われているが「芝居をやめたらやることがない。あと10年はやります」と話していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080416-00000008-nks-ent
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。